脳疾患の後遺症杉並区リハビリマッサージ専門院

 

テグー訪問マッサージ協会LP

無料体験および問い合わせ

080-5544-3707


今現在日本の訪問リハビリ専門マッサージ院の数はどれだけあるのでしょうか?
実態がつかめないほどたくさんの治療院があります。
指圧あん摩マッサージ師の数に至っては11万人を優に超えています。
これだけ多くの施術者が日本全国にいて日夜技術の研鑽や訪問リハビリ専門で
多くのかたの施術に当たっています。
リハビリ,マッサージの需要は多くいろいろなシーンで利用されています。
特に高齢者にはうれしいサービスだと思います。
ご自宅で訪問してくれて毎週2〜3回リハビリを受けられるのを
楽しみにされている高齢者の方が多いのではないでしょうか?

ご家族の方からも安否確認で訪問に行ってほしいなどとご要望も
多くあります。
訪問リハビリをする人間はご自宅の中に入るため身元が
まずははっきりしていなくてはいけません。
またコミュニケーション能力も必要になります。
しかしおじいちゃんやおばあちゃんの話し相手は自分自身の
身内で練習してきたのであとは思いやりの心を忘れないで
伺えば問題はありません。
またリハビリには元気にする力と笑顔にする力があります。
触れ合うことでその力が発揮されるのではないでしょうか?

さてリハビリはとてもいい技術で人々を元気にできる
ことはお分かりいただけましたか?
ここで問題になるのはなにか病気があってその予後の
改善のために訪問リハビリをご利用される方のことです。
一般には脳梗塞脳出血パーキンソン等といった病気が
思い浮かべれます。
まだほかにもたくさんあるのですが脳梗塞
を例にとりお話をしてみたいと思います。
まずは病気の発症があります。
ここでは一度救急の病院かかかりつけの病院にいくことに
なります。
入院する方も出てくるでしょう。
もしかしたら手術をされて病院のベッドで幾日も過ごした後
病院のリハビリテーション棟に移されてリハビリをすることに
なります。
脳梗塞(GOOヘルスケアより)
を起こされると一般には6か月の壁という境目が現れてきます。
その間にリハビリを一生懸命専門の先生をはじめとする
リハビリのチームがいるところですれば予後がとてもよくなり
一般の健康体と変わらないほど回復される方もいます。
問題なのはその期間あまりリハビリらしい治療を
してこられなかったか、或いはしても効果が出なかった方です。

3か月後には病院を出ていかなくてはいけません。
その後は自宅で療養という運びになります。
転移を繰り返す人もいるとは思いますが最後は自宅で
療養という形をとることとなります。
そうするとケアマネージャさん(WIKI)より
が付くようになり身の回りの世話や治療なんかも介護保険、(厚生労働省より)
でサービスが受けれるようになります。
要介護の種類によって保険の枠が変わってきます。
また障害者手帳の等級も認定度合いにより変わってきます。

自宅で何か月か生活を送っているうちにケアマネさんからデイサービス
にいってみてはどうか?というご提案を受けると思います。
それか家族の方がいいデイサービス(かいごDBより)を探してきてくることもあるでしょう.

デイサービスは基本的に送り迎えをしてくれるために患者様は
待っているだけでいいのです。
リハビリ難民にならずに済むために現在多くの人が利用されています。
デイサービスにもいろいろなところがありわたしが訪問で行っている
患者様に聞くところによるとあっちは自分にあってない、こっちは
よくやってくれる、など様々らしいです。
実際私が見学に行って見てみた感想は理学療法士や保健師がついてくれて
指導しているところもあれば集団でお遊戯?みたいなことを
やっているデイもありました。

ただ一生懸命にやっている人はすごい気合が感じられます。

その人本人が何とかする、自分は病気に負けてなるものか!
という気合がある人のリハビリはすごいです。
専門のトレーナーをつけてパワーリハビリをしている人も
います。
その結果、普通の健康な人とほぼ変わらない動作ができる
ようになった方もいます。

リハビリは日常動作を良くするための運動能力の向上です。
一生懸命やることである程度は機能回復が見込めます。
しかし6か月の壁を越えた人でできるときにやれなかった
人は回復が遅くなる傾向がみられるのです。
そのために今度は症状改善を目的としたリハビリをしてくれる
先生を自分で探すか、ご家族の人が探すか、ケアマネに
紹介してもらうかで医療保険(今お持ちの健康保険)を使った訪問リハビリの先生
を探して依頼するのです。

 



先ずは無料体験でリハビリを受けて先生との相性を確認します。
わからないことを質問されたい方は直通電話におかけください⇒080−5544−3707(よしの)

 


多くのご利用者様の喜びの声
訪問リハビリマッサージ川口様

依頼された訪問リハビリの事業所では以下のことを聞かれます。
1:同意書は取れそうか?(かかりつけの医者がいる場合は
  すんなり書いてくれる場合が多いです)
2:保険の種類はなにか?(社会保険、国民健康保険等)

また保険者に訪問リハビリ事業所が患者様に代わって代理で請求できるように
委任状も書いていただきます。
あとは発症時期の確認や症状の確認訪問回数の確認障害者手帳(+受給者証)
の確認などをお聞きします。

そして後日無料体験が良かったら同意書がそろった時点から訪問のリハビリが
始まります。
訪問する先生は国家資格を持っていますので医療保険が使えるのです。
ここで問題になるのが施術の仕方です。

病気のリハビリも兼ねて依頼しているケースでは
普通のリハビリだけではなく変形徒手矯正術が必要になってきます。
普通のリハビリ、マッサージだけでは血液の循環不足は改善されますが
関節の麻痺拘縮を大幅に改善することは難しいのです。

変形徒手矯正術を含んだリハビリでは施術師の腕の見せ所ですが、
私がいるテグー訪問マッサージ協会<LP>では独自の変形徒手矯正術を患者様に提供しています。
その結果大幅な可動域の改善がみられるようになっています。



基本的には筋力のバランスを均等に保つリハビリを行います。
簡単に言えば筋力の弱ってる筋肉に対して負荷をかけて筋力を上げていきます。
そうすることにより歩行や日常の動作がより簡単に行えるようになります。
姿勢が変われば動作が変わります。
動けない原因の99%は筋力低下です。増強することでバランスが良くなります。
訪問リハビリマッサージ前<映像>
また私たちはリハビリ専門で施術に当たっていますのでなにより結果を求めて
います。
患者様の立場にたち元の生活に一歩でも近づけるリハビリを目指しています。
どうぞ、一度当協会のリハビリ施術を受けてみてください(初回無料)

 


お問い合わせ番号:080−5544−3707(よしの)
どんなことでも聞いてください。

 


手足が今より動くことはない?!

高齢者だからといって手足がもうこれ以上動かないと思っていませんか?
そんなことはありません。
人間生きている限り回復してもとに体は戻ろうとしています。
酷い外傷があって車いすやなたきりになっている人でも
あきらめてはいけません。
人間には自分の身体をなんとか治そうとする
意志の力が働く場面があります

私たち訪問リハビリの先生はその力をニュートラルに
するお手伝いをしています。
後は本人の自己治癒力のスイッチがはいるので勝手に
身体をいい方向へ治そうとします。
手足が今より動かないなんて思わないでください。
必ず良くなります。
またリハビリにはその力があると思います。
血液自体の流れを施術をした後から驚くほど循環が良くなっているのです。
また首と骨盤を繋ぐ背骨を正すと血圧までもが安定してきます。
筋肉の委縮を改善して関節が柔軟に動くことほど自己治癒力が
発揮できる方法はありません。
薬やサプリではなかなかうまくいかないことでもリハビリや徒手矯正
をするとみるみる体の中から力が湧いてきます。
人間本来持っている自己治癒力がニュートラルになると
あとは自分自身で何とかしようと働きます。
ニュートラルになっていない人と、ニュートラルになっている人では
全然違いがあります。
テグー訪問マッサージ協会では筋力バランスを考えたリハビリを筋肉に対して行います。
動けない原因の99%は筋力低下です。増強することでバランスが良くなります
高齢者にはまだまだ良くなりたいという思いもあります。
ご高齢のかたでも十分にできます。
是非お手伝いをさせてください。

リハビリマッサージ後の歩行確認

ドンドン変化が感じられる在宅リハビリマッサージ院とは?

訪問リハビリ、マッサージでは大体20分〜30分程度のリハビリが施されます。
居宅へ伺って患者様の具合の悪いところ、良くしたいところを念入りに
リハビリします。
時間が限られているためさっさと流していく感じのリハビリ、施術が
行われます。
リハビリ、マッサージ自体の効果は筋肉の硬さがほぐれて血液の循環んが良くなる
という即効性があります。

リハビリ、マッサージ自体に罪はありません。
ただ脳梗塞脳出血パーキンソン等の関節の拘縮や麻痺がおこっている
患者様の場合はそれなりの施術をする必要があります。
いわゆる変形徒手矯正を含むリハビリと言われる施術がそれに当たります。
ただ筋肉的な部分や神経的な部分を念入りに施術した場合
脳梗塞などの片麻痺がある患者様の症状が劇的に変わるのかというと
あまり変わりはありません。
ただ関節の拘縮や麻痺の程度が軽減されるといった効果が
あるので効果ありと感じられている患者様が少なくありません。

しかし、求めらている終着点はやはり健康だったころに戻りたい
ではないでしょうか?


リハビリ、マッサージだけ徒手矯正だけの施術では効果があまりない
というのが今現在の実態なのです。

動けない原因の99%は筋力低下です。増強することでバランスが良くなります。
まずは体全体が非常に軽くなった
次には麻痺側の手が以前よりも高く上がるようになった
足の運びが軽くなった
などなど

喜びの声が続々来ています
これはテグー訪問マッサージ協会<LP>が独自の施術法を
患者様に施したためですが
はじめはなかなか結果が出せませんでした。

しかしある脳梗塞の患者様の治療中でした。
急に声を出してお話をし始めたのです。
その患者様ははっきりとお話もできない方でした。

いままでの施術が間違っていなかったんだと
確認できたのです。

とてもうれしかったのを覚えています。
それ以上に患者様のお連れ様が涙を流されて
喜ばれている姿も見ることができました。

これはほんの一例です。
まだまだ多くの患者様が以前と体の
変化を喜びの声とともに私たちにくださいました。

 


お電話で直接疑問点を確認したい方はこちらまでおかけください。
詳しくご説明いたします⇒080−5544−3707(よしの)